海外FXに挑戦!XMのレバレッジ888倍で夢のニート生活

海外FXには国内業者にはないメリットがたくさんある!

海外FXは国内のFX業者にはないメリットがたくさんあります。

 

私の場合は海外FXのメリットを得られたことで、国内業者では年間のFX投資利回りが「20%」だったのを「200%」まで増やすことができるようになりました。

 

口座資金は200万円でしたから、年間の利益が20万円から400万円まで伸びたわけです。海外FX業者の税金は総合課税になるため、国内の税率20%は適用になります。

 

なので海外業者は「税金が高くつくな。」という感想を持ちましたが、そもそも利益を出さなければ税金を気にしても仕方がないんですよね。今では「税金は儲かってから考えればよい。」が持論となっています。

 

私がなぜ、国内業者を見限って海外FX業者で取引しようと思ったのか・・。それには主に2つの理由がありました。その2つの理由について紹介していこうと思います。

 

 

国内FXにはないようなハイレバレッジが使える

 

海外FXの最大のメリットは、国内FXにはないようなハイレバレッジが使えることです。国内FXは、2011年8月から、レバレッジが最大25倍になりました。

 

さらに、法人格をとって取引を行うトレーダーの場合でも、最近はレバレッジを金融当局が小さくしようとする動きがあります。(現在はほとんどの口座で50倍ほど)

 

つまり、個人投資家だけでなく、法人投資家も、将来的には国内FXを使っていると大きく儲けられなくなってしまいます。

 

レバレッジとは、取引が投入する資金に対して何倍までできるかということです。1ドルがもし100円の場合に、1万通貨を取引する際には、レバレッジが25倍であれば4万円の資金が必要になります。

 

しかし、レバレッジが1000倍の場合は、1000円で1万通貨を取引できるようになります。そのため、投資効率がレバレッジでいかにアップするかはすぐに分かるでしょう。

 

なお、レバレッジが大きい場合は、損失も大きくなる可能性があるため、当然ですがリスクもあります。しかし、ハイレバジレッを使って上手く取引すると、これほど便利な仕組みはないといえるのです。

 

 

国内FXにはないようなボーナスが豊富にある

 

もう一つの理由に、海外FXの場合は、日本の「景表法」というような規制を取引する際に受けないので、自由にボーナスを支給することができます。

 

例えば、ボーナスとして預けた証拠金と同じ額が支給されたり、無料のコンテストに参加すれば賞金として現金が貰えるなどというように、インセンティブは絶対に国内FXの場合には獲得できないものとして着目されています。

 

特に、預けた証拠金額よりも2割増し、5割増し、10割増しというようなボーナスを支給してくれる海外FXの場合は、取引が証拠金以上にできるため非常にメリットがあります。

 

例えば、「XM」の場合は、初めて入金する際は5割にボーナスが設定されています。

 

もし、最初に10万円を入金した場合は、10万円に5割を掛けるとボーナスが5万円になり、15万円の証拠金になります。私の場合は200万円を入金しましたので、5割ボーナスがついて300万円の口座資金から始めることができました。

 

また、初めて入金する際の5割のボーナスを使い終わった場合でも、会員に既になっている場合は、プロモーションという誰でも使える100%のボーナスもゴールデンウィークなどのタイミングには行っています。これを利用すると更に資金効率のよいトレードを行うことができます。

 

こうして私はレバレッジとボーナスの恩恵を受けながら、強いトレンドの波に乗るトレードスタイルで資金を増やすことができました。現在、口座資金1億円を目指して日々、デイトレードに励んでおります。

 

海外FXのメリットとしては、ここでご紹介したもの以外に、高い「約定力」、追証が発生しない「ゼロカットシステム」なども挙げられます。これについてはまたの機会に書いてみたいと思います。