海外FXのデメリットはあるのか?

海外FXにはデメリットもある!あらかじめ知っておきたい海外FXの使いづらい部分

 

海外FXはメリットがいろいろありますが、当然デメリットもあります。

 

今回は海外FXを使用するうえであらかじめ知っておきたい、デメリットの部分をお伝えしていきたいと思います。

 

出金するためにお金と時間がかかる

 

国内FXは入金がリアルタイムにできるため、日本人を対象にしている海外FXでも、入金については口座にリアルタイムで反映されるシステムを採用しています。

 

このため、入金する際には「本当に海外業者を使っているの?」と疑問に思うくらい、海外FXを使っていることが全く分からないよう便利になっています。

 

 

しかし、あらため冷静になって考えていただきたいのは海外FXを使用するということは、すなわち、
「投資する際にお金を国内から海外に持ち出している」ということです。

 

そのため、国内FXのようにお金を自分の銀行口座に容易に戻せない(出金できない)ことは、大きなデメリットといえます。

 

特に、入金するために特別な送金方法やクレジットカードを使った場合は、返金が同じルートで行われます。しかし、クレジットカードの場合は、口座に反映されるまでに4営業日くらいはかかるため、手元に出金が届くまでには時間がそれなりにかかるようになります。

 

また、送金によって海外から口座振込みする際は、出金する手数料を業者側が負担してくれても、日本で受取る際の銀行側の手数料は2500円くらい最低でもかかります。

 

そのため、このような手数料がトレードで得た利益から差し引かれるというデメリットもあります。また、海外FXの中には、出金する費用を利用者がが全て負担する場合もあります。

 

このような海外FX業者の場合は、日本において高い受取り手数料の銀行などを使うと、出金額が1万円であったにも関わらず口座には2000円以下の返金というようなこともあり得るのです。

 

海外FXでせっかく取引しているにも関わらず、最も高くついたのは為替を送金する手数料であったような話は、笑えない話になってしまいます。実際に、このような知識が不足している日本人は多く、出金詐欺にあったと勘違いして金融庁に駆け込む人もいるそうです。

 

一つ対策としては、ネッテラーなど「電子マネー」口座を開設しておくことです。、電子マネーであれば、スムーズに入出金ができ、海外FXを使った際に手数料が無駄に発生しません。

 

また、今話題のビットコインを使ったやり取りをできる業者も増えておりますので、興味がある方はビットコインでの入出金も試してみるとよいでしょう。

 

 

ポジションを長期に運用する場合は適さない

 

海外FXは、ハイレバレッジで取引ができますので、、少ない資金を短期的に運用するためには相当優れています。

 

しかし、ポジションを長期に運用する際には適さないことが多いです。

 

特に、スワップポイント目的のトレードでは、そもそもハイレバレッジは大きなリスクがあり、また通貨ペアによってはスワップポイントを売っても買っても設定がマイナスになる場合が多いです。

 

国内業者よりもスワップポイントを不利に設定している業者がほとんどになります。

 

海外FX業者を使用したハイレバレッジは、短期トレードでは最大の恩恵を受けれるものの、長期トレードにおいては「デメリット」になってしまうことを把握しておきましょう。