海外FXに挑戦!XMのレバレッジ888倍で夢のニート生活

仮想通貨のレバレッジ@海外では200倍の業者もある!

 

2017年にバブルのように急上昇した仮想通貨市場ですが、2019年以降はどうなっていくか不透明です。現在の仮想通貨市場で大きな利益を獲得する場合、ある程度じっくり時間を掛けていく必要があります。

 

より利益を追求するなら、元手以上の取引ができるレバレッジ取引も選択肢です。ただ、取引所によってレバレッジの倍率が異なるので、取引所選びも重要になります。

 

今回は、レバレッジの倍率が200倍にも及ぶ海外の仮想通貨取引所を説明します。

 

 

高倍率のレバレッジ取引ができるCryptoGT(クリプトジーティー)

 

高倍率の取引ができることで話題になっているのは、マーシャル諸島のCryptoGT(クリプトジーティー)です。最大で200倍に及ぶ取引が可能で、上手くいけば少ない元手でもかなりの利益を確保できます。

 

CryptoGTのメリットは、利用のしやすさにもあります。海外の取引所を利用するにあたって、どうしても言語の問題から苦労が出てきます。

 

しかし、CryptoGTでは日本語対応のチャットサポートが搭載。分からないことがあれば日本語でも質問ができるので、日本の利用者が増えている要因にもなっています。

 

また、取引出る仮想通貨のペアの多さも特徴です。55ペアの取引が可能なため、自分が持っている仮想通貨を使った取引もしやすくなっています。

 

もちろん、法定通貨のペアも数多く存在するので、初めて仮想通貨投資を考えている人でも利用可能です。イオス(EOS)、カルダノ(ADA)といった日本では取り扱っていない銘柄も購入できます。

 

 

仮想通貨でもゼロカット方式なのが大きい

 

CryptoGTのレバレッジ取引は、倍率が大きいだけではありません。レバレッジ取引は元手以上の取引をするため、本来ならば負債を抱える可能性のあるリスクの高いものです。

 

しかし、CryptoGTではゼロカット方式を採用しているので、リスクが大幅に減った上での取引ができます。ゼロカット方式は、証拠金以上の損失をカットしてくれる方式で、証拠金以上のお金を失うことがありません。

 

また、証拠金以上の損失を出した時に要求される追加証拠金(追証)もなく、投資額は証拠金のみになります。レバレッジ取引はリスクが非常に大きく、とてもリスクが大きいものでしたが、CryptoGTのようにハードルが下げた取引所が増えている状況です。

 

もちろん、証拠金を多く投資するとリスキーなのは変わらないので、その点はよく考えて投資しましょう。