海外FX業者の税金はどうなるか?

海外FXでも税金の知識は必須となる!

 

海外FX業者を使って取引する際にも、国内業者と同様に税金についての知識が必要になります。

 

果たして、海外FX業者の税金は国内業者と同じように税率20%が適用されるのか?詳しく解説していきたいと思います。

 

海外FX業者と国内FX業者の税金の比較

 

海外FX業者を使って利益が出た場合、納税は日本に住んでいれば必要になります。

 

年間の儲けが20万円をオーバーした時は、確定申告が必要です。確定申告をすると納税額が決定し、納税する場合は総合課税になります。

 

、国内FX業者の場合は、取り扱いが申告分離課税になります。この申告分離課税の場合は、20%と一律に決定しているので、儲けが多くない時は税金分損になることもあります。

 

先にご紹介したように、海外FX業者の場合は総合課税になりますので、総合課税の場合は、税率が儲けによって違ってきます。

 

儲けが195万円以下であれば、総合課税の方が税率は小さくなって15%になります。儲けが330万円以下の場合は、税率が20%で申告分離課税と同じになります。儲けがこれ以上になった場合は、最大50%までの税率になります。

 

 

儲けがトータルで出ているかが大切である

 

FXの場合は、非常に税金の知識は大切なものです。FXの税金について全く知らなければ、税金を損が出ているために払わなくてもいいにも関わらず、儲けが出たようになって、税金を払うようになることもあります。

 

損益通算について知らなければ、このようなことになってしまう場合があります。損益通算というのは、損が出た分と儲けが出た分をトータルで計算するものです。

 

そのため、儲けが出た場合でも、大きな損があれば、トータルで儲けがないようになります。例えば、10万円の儲けが出た場合でも、20万円の損失があれば、トータルで10万円の損になるため、税金を払う必要はありません。

 

まとめますと、海外FXで1年間の利益が330万円以上になれば、国内でFXをやるよりも税金が高くなり195万円以下であれば、返って海外FXを使った方がお得になります。

 

なので、税金で得をするのか、損をするのかは、ご自身の成績次第といえますので、この点を頭に入れて海外FXを使用すべきです。