海外FX業者と国内FX業者を比較してみた

海外FX業者と国内FX業者はどっちがよいのか?

 

海外FX業者を利用する場合は、国内FX業者と比較してみると利点がよくわかります。

 

ここでは、海外FX業者と国内FX業者の比較についてご紹介しましょう。

 

 

レバレッジの比較

 

国内FX業者の場合は、規制があるためレバレッジの上限は25倍になっています。しかし、海外FX業者の場合は、規制がないためほとんどの業者はレバレッジの上限が200倍以上です。

 

初めての場合は、レバレッジが大きい方がリスクがあるというイメージを持っているかもしれませんが、レバレッジはむしろ大きい方がおすすめです。

 

というのは、レバレッジは現在の証拠金にレバレッジを掛けたものが運用枚数の最大になるため、レバレッジが大きい方が注文がどの程度までできるかという幅が拡大するためです。

 

一方、小さいレバレッジの場合は、資金がその分必要になり、レバレッジがいかに大きくても、取引するLot数は取引する人自身が決定するため、取引で損するリスクはコントロールすることができます。

 

 

手数料の比較

 

取引する時の手数料は、FX業者の儲けになります。国内FX業者の場合は、0.2?0.5pips程度が手数料の最低です。

 

一方、海外FX業者の場合は、1pips程度のところが手数料の最低です。そのため、手数料については、国内FX業者の方がメリットがあります。

 

国内FX業者の方が手数料が安いのは、儲けが手数料の他にもあるためです。相対取引を国内FX業者の多くは行なっており、為替市場に顧客の注文を流さないで、マリー取引という相殺を顧客間の買い注文と売り注文で行ったりしています。

 

一方、海外FX業者の場合は、NDDという直接注文を市場に出す方法が行われることが多いため、取引の透明性を手数料が多い分維持することができます。このようなことから、手数料がお得なのは国内FX業者がおすすめですが、透明性がある取引としては海外FX業者の方がおすすめです。

 

海外FX業者と国内FX業者を比較する際は、ここでご紹介したようなことを把握しておきましょう。