ビットコイン先物CMEでも上場開始

ビットコイン先物CMEでも上場開始

 

 

CBOEに次いで、CMEグループでも17日夜からビットコインの上場をスタートとさせています。ビットコインはCMEでの上場開始前に2万ドルに向けて上昇しtがもののその後は1万8000ドル台で推移するといった状況になってきています。

 

先物への上場により一定の下落や上昇に対してサーキットブレーカーが発動する仕組みもできていることから機関投資家はより売買しやすい環境になってきているといえますし、当然のことながらヘッジファンドがイールドハンティングで登場する可能性はかなり高まるものとみられます。

 

 

本命はビットコインETFの上場か

 

単に取引所で適当に売買されてきたビットコインも通常の金融市場のプラットフォームの中にのっかって売買ができるようになりつつあり、これまでの動きとは異なる部分が今後かなり鮮明になってくることが考えられますが、ここからの本命はなんといってもビットコインETFの上場ということになりそうです。

 

ETFは上場投資信託のことで米国市場ではETFの市場が約340兆円規模となっており、通貨ETFは7兆円ほどの規模で推移しています。

 

しかしビットコインETFが登場すればこれをはるかにしのぐ規模の市場がいきなり出来上がる可能性もあり、今後ETFの上場こそがビットコインの値上がりの大きな原資となる可能性も高まっています。

 

果たしてこうした材料がきちんとした追い風として機能していくことになるのかどうかは依然としてよくわからないところもありますが、少なくともこれまでの無防備な市場は金融市場として機能していくことになることからその流れは大きく変化することが期待されます。

 

ただ、これまでと異なるプレーヤーが参入することで空売りなどの機会も非非常に増えることが予想され上昇一辺倒の相場から変化が起きるかどうかにも注目が集まるところとなっています。

 

短期間に異常とも思える人気を博したビットコインですが、体制が整備されるごとに爆発的な上昇機会というものは徐々になくなることも予想され、これまでのような扱いにくい商品からもう少しまともな投資対象商品へと変化することも期待されそうです。

 

いずれにしても現物と先物だけの市場はまだまだ小さいことから、市場流動性がしっかり保たれているとは言いにくく、下落局面で本当に流動性が保たれるのかも大きな心配ごととなっています。

 

いずれにしてもETFが導入されれば一気に市場は大きくなることからビットコインもこのタイミングで大きな転機を迎えることになりそうです。